特定健診を受けましょう!

Pocket

 特定健診(特定健康診査)とは?

平成20年4月から始まった「特定健診」は、40歳~74歳の方を対象とするメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した生活習慣病を予防するための新しい健診です。生活習慣病といわれる糖尿病や高血圧症、脂質異常症は、最初は症状がなくても心筋梗塞、脳卒中などの重大な病気につながり、生活の質の低下や医療費の増大を招きます。病気のリスクの有無を検査し、リスクがある方の生活習慣をより望ましいものに変えていくことを目的とした健康診査です。

メタボリックシンドロームは、内臓に脂肪が蓄積する「内臓脂肪型肥満」(腹囲:男性85cm以上、女性90cm以上)に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせ持っている状態を言い、予備群も含めると該当者は、40歳~74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人と言われています。特定健診では、問診(糖尿病・高血圧などの治療歴、喫煙歴など)、身長・体重・腹囲の計測、血圧測定、血液検査、尿検査などを行い、その結果から生活習慣病の発生リスクをチェックします。

・特定健診の対象となる人は?
40歳~74歳の方で、医療保険(国民健康保険、全国健康保険協会(協会けんぽ)、共済組合など)に加入している方全員が対象となります。

・特定健診を受けるにはどうしたらいいの?
対象となる方には、ご加入されている医療保険者(国民健康保険、全国健康保険協会(協会けんぽ)、共済組合など)から、健診や保健指導のお知らせ等が届きますので、まずは特定健診を受けてください。詳しくは、お手持ちの被保険者証で医療保険者を確認して、お問い合わせください。

特定健診(特定健康診査)の検査項目
特定健診は保健指導の対象者となるかどうかを判断するための健診で、健診項目は下記の項目になります。

 診 察 等  視診、触診、聴打診などを行います。
 問   診  現在の健康状態や生活習慣(飲酒、喫煙の習慣など)を伺い、検査の参考にします。
 身体計測  身長、体重、腹囲を測り、肥満度の指標であるBMIも計算します。
 血圧測定  血圧を測り、循環器系の状態を調べます。
 血中脂質検査  動脈硬化などの原因となる中性脂肪やHDLコレステロール、LDLコレステロールを測定します。
 肝機能検査  肝細胞の酵素を測定し、肝機能などの状態を調べます。
 血糖検査  空腹時血糖またはヘモグロビンA1cを測定し、糖尿病などを調べます。
 尿 検 査  腎臓、尿路の状態や糖尿病などを調べます。
詳細な健診項目※一定の基準をもとに、医師が必要と認めた場合に実施します。
★心電図 ★眼底検査 ★貧血検査 (赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)
 ※検査項目に「空腹時血糖」があります。原則飲食後10時間以上経過している必要があります。
午前受診の場合は朝食、午後受診の場合は朝食、昼食をとらずにご来院をお願い致します。
与勝病院で、特定健診を受けることができます。

特定健診は、人間ドックほどの長時間の検査ではありませんが、様々な異常を早期に発見できる有効な手段です。ご自身の健康のために、年に1度の特定健診は必ず受診し健康寿命を延ばしましょう!

健診費用の自己負担額は、ご予約の際に併せてご確認ください。
※特定保健指導につきましては現在、当院では行っておりません。ご了承ください。

 特定健診のご予約はこちら
(日曜日・祝祭日休み・土曜日は午前中のみ受付)
与勝病院 電話(098)978-5235
〒904-2311 沖縄県うるま市勝連南風原3584番地

 

2019/03/23


〒904-2311
沖縄県うるま市勝連南風原3584番地
電話:098-978-5235
FAX:098-978-5244

ban6.png(7112 byte)